<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

野外ライブ

ご近所二輪&4輪の店CHALLENGERでライブ!

泉北の音楽仲間「安吉誠一郎」・・・どんどん良くなってる!!
c0037571_1628869.jpg

私が参加してるhumidity

まずはこの二人がいないと、
ゆうこちゃんの歌にニレさんのギター
今回二人で作るオリジナルも2曲追加、ヒョミ色の雰囲気いい。
近いうちに音源アップできるかも!
c0037571_16282640.jpg

このバンドはドラムじゃなくてパーカッションというのがミソ。
これは唯一のソロコーナーで最後に立ち上がるキッチュ。
何でもこなすなぁ、素晴らしいリズムマン。
c0037571_16283973.jpg

それに続いて私も・・・挽回する覚悟で弾くの図(それってダメやん)
c0037571_16285194.jpg

今回嫁・子供・愛犬が見に来てたんですが。
次の日息子が「お父さん、かっこ良かった!」・・・子供にはじめて誉められた(笑)

周りは殆ど住宅がなくて、泉北鉄道の列車を見上げながら
なかなか無い野外ライブにぴったし(?)の環境。

面白いイベントになったので、春に拡大版で企画しましょう!!

店長、ステージ写真なかった、ごめん。
店長&スタッフさま、どうもありがとう。おでん美味しかった!!

関連ブログもありまする。
それいけCHALLENGER
mahaha

最後に来てくれた方、ほんとありがとう!
[PR]
by bigmuff38 | 2006-10-23 16:39 | ライブ | Comments(9)

OTIS REDDING

ソウルミュージックの枠を超えて
ヨーロッパでも、60年代ヒッピー相手でも伝わった人柄。

フィルムで見た体格のいいオーティスは全身全霊で、
正に山が動くというステージング。
c0037571_2214580.jpg

ホーン隊バックにしゃがみ込むオーティス、最高!!
ベスト盤でも聞いてみて下さい。
[PR]
by bigmuff38 | 2006-10-15 22:15 | ソウル・R&B | Comments(0)

HARMONICATS'

むかし友達にカセットで貰って聞いてた、ハーモニカジャズの3人組。
ベースハーモニカって言うのかな、でか!
久々聞きたくなり検索したら、世界初のCD化なんですって。
c0037571_725627.jpg

01.ぺグ・オー・マイ・ハート
02.ハーモニカ・ブギ
03.レッチンカ
04.オン・ジ・アラモ
05.ギャロップ・オブ・ザ・コメディアンズ
06.アット・ドーン
07.ふたりでお茶を
08.ザ・サーダー・マーチ
09.アット・サンダウン
10.月の光
11.シェエラザード
12.ハーバー・ライト
[PR]
by bigmuff38 | 2006-10-15 07:26 | ジャズ | Comments(2)

ライブ写真

R.jamsライブを友達が撮ってくれたお気に入りの1枚!
c0037571_854319.jpg

フラッシュ無しで撮影したらしいのですが、光の感じが優くていい。

そこで私も先日フラッシュ無しで友達のライブ撮ったのです。
そのまま自動で撮ったら、ぼやけてなんや判らん状態。
シャッタースピードやら基本的なこと少しは覚えんとあかんなぁ。
[PR]
by bigmuff38 | 2006-10-08 08:08 | ライブ | Comments(2)

最近欲しいもの

ここんとこ楽器の物欲はほとんど無しなのですが
このアンプは気になる。
めっちゃスタンダードなやつなんで、使ってる人も多いでしょうが。
c0037571_13354417.jpg

合うアンプって微調整とかいらんすね、
つまみ全部センターで行けるし。
今はこれがぴったし。

このヘッドでレーナードのシンプルマンを演りたい。
[PR]
by bigmuff38 | 2006-10-06 13:36 | 楽器 | Comments(0)

Same Girls

カントリー、ロックンロールやディスコまで、
決して上手い演奏じゃないと思うのだが、全部ストーンズの音なんよな。
c0037571_1031660.jpg

それに全開で伝わってくる、好きなんやろなぁ、このおっさんら黒人音楽。
久しぶり毎日ターンテーブルに載ってます。
[PR]
by bigmuff38 | 2006-10-05 10:38 | ロック | Comments(0)

FIRST TIME I MET THE BLUES

1969年3月に、ロンドン郊外のライブ・ファクトリー「ライノリウム」で
2日間行なわれたSUPERSHOW。
私が高校生の時NHKで放映されたのです。
c0037571_1423037.jpg


内容は

1)ゾーズ・フー・アー・トゥ・ダイ・ソルート・ユー (コロシアム)
2)ラヴ・ポーション (バディ・マイルス)
3)アンダー・ザ・ジャスミン・ツリー (MJQ)
4)メアリー・ハッド・ア・リトル・ラム (バディ・ガイ)
5)プリミティヴ・オハイオ (MJQ)
6)幻惑されて (レッド・ツェッペリン)
7)テキサス・ブルース (バディ・マイルス)
8)ヴィジター・フロム・ヴィーナス (MJQ)
9)バッド・ハット (ミスアンダストウッド)
10)フーチー・クーチー・マン (バディ・ガイ)
11)デビュー (コロシアム)
12ストーミー・マンデイ (バディ・ガイ、ローランド・カーク、ジャック・ブルース)
13)カンザス・シティ (同)
14)小さな願い (ローランド・カーク)
15)マイ・タイム・アフター・ア・ホワイル (バディ・ガイ、ジャック・ブルース)
16)ブラック・クイーン (スティーヴン・スティルス)
17)スレート27 (エリック・クラプトン&Co)
18)エンド・ジャム (エリック・クラプトン&Co&ダスター・ベネット)

ツッペリンのデビューステージ!!むちゃ気合入ってる。
ローランド・カーク!素晴らしい。
コロシアム、かっちょええ。

でもびっくりしたのは、クラプトンがえらいおとなしく弾いてる横で
歌い・弾き・のけぞる黒人、バディ・ガイ。

ブルースも知らないもちろんクラプトン目当ての高校生の私はビックリした、
クラプトンとバディのえらい違いに。
もう大人と子供、なんでこんな凄い人が無名なん?って憤慨したくらい(笑)

あれからかな、道をあやまったのは。

ところで私が頭の堅いブルース・ファンなんは百も承知やけど
最近のバディ・ガイより

これや
c0037571_143177.jpg

LP「アメリカン・フォーク・ブルース・フェス65~66」の
FIRST TIME I MET THE BLUES
がいいよな。
[PR]
by bigmuff38 | 2006-10-01 01:46 | ブルース | Comments(4)

色んな音楽の話題が中心ですが脱線します


by bigmuff38