<   2006年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

BLIND WILLIE McTELL

12弦でスライドやラグタイム、曲によっては女性の様な声。
ヤズーレーベル、ノイズ混じりの向こうから乾いた南部の風が吹くかも。

オールマンのステイツボロ・ブルースはこの人の曲。
c0037571_8545340.jpg

[PR]
by bigmuff38 | 2006-05-30 08:55 | ブルース | Comments(2)

録音

昨日バンドで一発録音・・・オリジナルもあるのでもしかしたらお聞かせできるかも?

録音終了後に少し飲みにいって車で送ってもらったのだが、
帰ってからロング缶2本飲んでる・・・途中。
地震も発生、結構揺れたです。

そんなんしながら、CDプレイヤーには

アレサのゴスペル・ライブ  「アメイジング・グレイス」

実はあまりに強力な女性シンガーは少し苦手。
アレサは当然すが強力やし、ブルース・ブラザーズのあのシーン
追いつめられるマット・マーフィーみたいな感じか。

でも今日はというか・・・・これ強力、これが生地のアレサなのかな。
おまけによくよくみると、コーネル・デゥプリーやバーナード・パーディやら
チャック・レイニーがバックじゃないですか!!

すっかり「エイメン」な夜しとります、酔っぱらいですけど。
c0037571_2565756.gif

[PR]
by bigmuff38 | 2006-05-15 02:58 | Comments(0)
私がこの人で思い出すのは
昔のニュー・ミュージック・マガジン
「レオン・ラッセルと彼を取り巻くサムライ達」という長い連載と
グランドピアノの上でレスポールを弾く少し内股の写真。

音はこのLPだけ持ってますが、全編オリジナルで
南部サウンド基本、ケイジャンからカントリー、ブルーグラス風味にも
レオンが料理しとります。
少なめの音がいい。
曲と声も色気たっぷり。

マスカレードは作者レオンの、この盤のが一番好き。
c0037571_8293248.jpg

[PR]
by bigmuff38 | 2006-05-14 08:33 | ロック | Comments(0)

Jerry Jemmott

ベースのジェリー・ジェモットは見とかなって思い行ってきました、
コーネル・デュプリーバンドのソウル・サヴァイバー。
Cornell Dupree(g)
Les McCann(key,vo)
Buddy Williams(ds)
Ronnie Cuber(sax)
Jerry Jemmott(b)

予想以上に楽しめた90分。
ジェモット先生、ゴムマリの様。
バンド全体を包みこむというのかな、これぞグルーブ!!

他の日のセットリストですけど、多分これでした。
1.THINGS AIN’T WHAT THEY USED TO BE
2.TEE
3.MERCY MERCY MERCY
4.COLD DUCK TIME
5.SOMETHING
6.SUNNY
7.COMPARED TO WHAT
8.WAY BACK HOME
c0037571_10141157.jpg

[PR]
by bigmuff38 | 2006-05-13 10:15 | ソウル・R&B | Comments(2)

MILS DAVIS

ジャズ・アット・ザ・プラザというライブ

Miles Davis (tp),Cannonball Adderley (as),John Coltrane (ts),Paul Chambers (b),Bill Evans (p),Jimmy Cobb (ds)

というセクステットで

1.If I Were A Bell
2.Oleo
3.My Funny Valentine
4.Straight, No Chaser

をやってるのだが

凄いメンツが最高潮の瞬間なのかな、スピード感が強力。
c0037571_165442.jpg

[PR]
by bigmuff38 | 2006-05-12 01:07 | ジャズ | Comments(0)

MOJO HAND

ライトニン・ホプキンスのいわゆる「大名盤」

私が若いころのLP時代は、この盤の中古が何万もしててとても買えなかった。
今更ですが、CD再発時代の今は聞くにはほんと良い環境。
私はそれを最近中古で買いました(笑)

純度100%のブルースです。
c0037571_91387.jpg

[PR]
by bigmuff38 | 2006-05-10 09:05 | ブルース | Comments(0)

Linda Ronstadt

リンダ・ロンシュタッドがスタンダードを歌った3部作の3作目。
「フォー・センチメンタル・リーズンズ」
ウィズ・ネルソン・リドル&ヒズ・オーケストラ

ストーンズのメインストリートのならず者が欲しくて中古屋に行ったのだが
これを買ってしまった・・・・えらい違いですけど。
優しく美しい歌声とふくよかなバックのオーケストラ。
美しいスタンダード集です。
c0037571_146318.jpg

1. When You Wish upon a Star
2. Bewitched, Bothered and Bewildered
3. You Go to My Head
4. But Not for Me
5. My Funny Valentine
6. I Get Along Without Yo
7. Am I Blue
8. I Love You For Sentimental Reasons
9. Straighten up and Fly Right
10. Little Girl Blue
11. 'Round Midnight
[PR]
by bigmuff38 | 2006-05-08 14:07 | ジャズ | Comments(0)
4日にライブハウスFuzzとロックバーDexie chicken
ダブルヘッダーさせてもらった。

ディキシーのセットリストは以下です( )内は参考にさせてもらったバージョン
1.Chain of Fools(オリジナルアレンジ)
2.Cadillac(ストレイ・キャッツ)
3.Natural woman(アレサ)
4.Iko Iko(Drジョン)
5.Unchain My Heart(ジョー・コッカー)
6.Caravan(ティナ)
7.Summertime(ジャニス)
8.Little pig(・・・・?ロカビリーです)
9.Gimme some Lovi'n(ブルースブラザーズ)
10.UNOのテーマ(オリジナル)
11.Party(ワイルド・マグノリアス)

ミステリアス・ロックンロールバンド「THE UNO」
c0037571_022225.jpg

ジプシー・ローズ
c0037571_0224898.jpg

エルビスイチロウ&レイジー・バード
c0037571_0231766.jpg

キッチュ
c0037571_0234227.jpg

マハビシュヌ・ニレ
c0037571_0235586.jpg

念願!お店の外で弾く ブリーフ’うっかり’キムキム
c0037571_0241058.jpg


次回は全曲入れ替えて登場予定、リーゼントからどんな頭になるのやら。

asachang>写真撮影ありがとー!!
[PR]
by bigmuff38 | 2006-05-07 00:54 | ライブ | Comments(2)

SO Live

南佳孝さんのオープニングで演らせてもらいました。

会場前に並んでる人が多数、さすがです。
満員で知り合い少なめのお客さんという、
ある種嬉しい環境、緊張感もってできた。いい経験でした。

失礼ながら今まで南さんをそんなに聞いてないのですが
知ってる曲結構ありましたし、歌とギターはプロの凄さでした。
後半に「モンロー・ウォーク」や「ルート66」それに’うぉんちゅうー’
等で終わると思いきや・・・・・
最後のアンコール、ギター1本でのブラジル大会。

これには参った。

c0037571_4314550.jpg

[PR]
by bigmuff38 | 2006-05-02 04:48 | ライブ | Comments(2)

色んな音楽の話題が中心ですが脱線します


by bigmuff38