カテゴリ:本( 9 )

ウルフ本

ハウリン・ウルフの本が出たようです。
c0037571_2234488.jpg

日本で出版されないかしら、ブルースインターアクションズさん、お願い!
c0037571_2235559.jpg

[PR]
by bigmuff38 | 2008-02-28 22:35 | | Comments(4)

会社帰りの自転車、図書館近くでトイレ行きたくなり・・・・
図書館から出てきた時にはこの3冊持ってた。
忙しくて読む暇ないんやけど、面白そうな3冊。
c0037571_1824760.jpg

「鍵盤を駆ける手」

昔心斎橋のヤマハで、何時間もかけて立ち読み&流し読み読破した。
かなり面白いと思う。

アマゾンの宣伝文句はこんな風

社会学から出てより広い学際的方法へと発展しつつあるエスノメソドロジーの鬼才が、自らジャズ・ピアノに入門して、人間の行為の中で最も言語化しにくい身体技法の習熟の過程、即興的な芸と手練の獲得の過程を克明に内省し、記述した稀有の記録。

「なんだかんだでルンバにマンボ」

とうようさんのラテン本、これも以前借りて読んだが、
キューバ行ってからもう一回読んでみてどうかなって感じ。

やっぱ、ニュー・ミュージック・マガジン世代なんで
中村とうようさんって気になる。

モンクの本は初めてです。

3冊返却期間までに読むの厳しいやろなぁ。
[PR]
by bigmuff38 | 2007-09-14 18:04 | | Comments(0)

時間があれば・・・

少し読んだ、かなり面白そう。
c0037571_10162682.jpg

これは絶対やりたい、でも少し苦痛。
c0037571_10164112.jpg

あなたのご趣味は?って聞かれたら
c0037571_1017090.jpg

今なら間違いなく「趣味は自転車です」って答えます。
[PR]
by bigmuff38 | 2007-04-23 10:17 | | Comments(0)

ヴードゥー

アマゾンで買ってしまうとこでした、危なかった。
c0037571_2122512.jpg

でも面白そう。


とか思ってたら、ここに同じ様な内容が・・・
[PR]
by bigmuff38 | 2007-01-22 21:23 | | Comments(0)

暇つぶし

トロント経由キューバってめっちゃ長いし、
なんか本でもと思いBOOK OFFで選んだ中の2冊。

c0037571_957289.jpg
c0037571_9572416.jpg












これは持って行くの止めようかな、帰ってきてから読もう。
[PR]
by bigmuff38 | 2006-12-03 09:59 | | Comments(6)

おろしや国酔夢譚

バンドのリハやそれの個人練習やらでバタバタしてるのに、
井上靖さんのこれにはまってしまった。
c0037571_1185558.jpg

天明二年(1782)にとんでもない世界を見てきた連中がいたのですね。
[PR]
by bigmuff38 | 2005-11-13 01:18 | | Comments(0)
タイトルの本のVol2を発売当時たまたま見つけたんはやはりマニアの証か。↓のような部屋の人がずらりの本ですわ
(コレクターですな)
このブログ見てくれてる中にも、似たような人多いでしょうね。マニアのコレクターを呼び寄せる自信だけはあるのだ(笑)c0037571_12284526.jpgc0037571_12285936.jpg
[PR]
by bigmuff38 | 2005-03-04 12:30 | | Comments(0)

ジャズ・カントリー

アメリカの青少年向け小説か、作者はジャズ評論家のナット・ヘントフ
c0037571_9103392.gif
白人のペット吹きの坊やが黒人のジャズ・マンやその回りの連中に苛められながらも
認められていく様が、ブルースやジャズ好きなら唸ってしまう表現で描かれています。
もしジャズ小説というジャンルがあれば、間違いなく№1!!
お奨めです。
[PR]
by bigmuff38 | 2005-02-12 09:13 | | Comments(3)
芥川賞作家で「柳生武芸帳」とかの剣豪小説のゴミヤススケさん。
私が小さい頃TVにも今ならバラエティみたいな番組に着物姿で出てた
恥ずかしながら本業の小説は未読なんですが、この方相当(ガイキチ並)の

オーディオ・マニアなんです。

オーディオ関係の本も出されてて、ご本人の趣味はクラシックなんですが
うんうん、ほんまそーやなと頷かされるとこ多いし、心底ええ音が好きやったんやな~
と、なんかもー微笑ましくさえあります(実際近くにいると迷惑かも・・・)

とても大作家の本の内容を伝えることは出来ませんので
少し引用させていただきますm(__)m
c0037571_157895.jpg


「家庭で聴く美しい音とは、その人の生活環境にふさわしい聴き方をしている時、自らにじみ出ている~中略~〔いい音〕とはそういうものである。ホーン・システムや強出力アンプや録音ヘッドが、作ってくれるものでは断じてない」
[PR]
by bigmuff38 | 2005-01-26 15:09 | | Comments(0)

色んな音楽の話題が中心ですが脱線します


by bigmuff38