カテゴリ:70年代( 7 )

高校のころ

和歌山の紀北工業高校生だった。
田舎からミナミ出てきたら刺激ありすぎ

元町のディランで見た田中研二さん。
c0037571_1820684.jpg

難波高島屋ローズルームホール(六番町コンサートしてたとこ)
で見た、裸のラリーズ・・・機材トラブル(?)ですぐひっこんだが。
c0037571_18212531.jpg

六番町コンサート、通路にベタ座りして聞いた友部正人さんの
一本道は凄かったっす。

天王寺野音の春一はもちろんです。

書ききれないが、あの頃聞いた生音は影響大。

それと豊田勇造さんのこれ
c0037571_18215763.jpg

会社の寮で皆好きになった名盤。








嫁の一周忌・・・やねんけど
ハワイ大でマリファナむんむんの中、
絶頂期のリトル・フィートのコンサートで
演奏見ずにラブラブの強力カップルばかり見てたとう人。
なんちゅうもったいない事すんねん。

ファンクジャムで一曲嫁に(自分に)演奏させてもらおうと思ってます。








んで、車買ったんよ、ピンクやで(笑)
c0037571_18222112.jpg

[PR]
by bigmuff38 | 2010-02-22 18:23 | 70年代 | Comments(6)

カルロス・サンタナ

高校生の時は住んでた和歌山からレコードハンティングで大阪ミナミまで来てた。
「阪根楽器」がメインでした、あそこ行けばたいがい揃ったし、ブルースのえぐいのも有ったし。

この日はまず心斎橋のヤマハで何となくLPあさってると、何列か向こうで日本のロックコーナーでいるオッサンが・・・おっさんが・・・・ラテン系の外人もおっさんが?

カルロス・サンタナじゃないすか!!
サンタナは鈴木茂の「バンド・ワゴン」を手にしてた。
しかし、話しかけることなんて出来ず、呆然としてました。
今から考えると、取り巻きもいーひんし、なんかのんびりしてたなー。
ほんでベース弾こうと2階の楽器コーナー行くと今度はダグ・ローチ
弾いてた・・・・・弾けませんなトーゼン私は。遠くから見てましたです、はい。
多分これはサンタナ2回目の来日の時です。

ついでにですが、有名人遭遇話し
大阪万博、アメリカ館でふと振り返るとそこにいたのは「王・長島」でした。
結構最近
大阪梅田のベース専門店で弦買おうと入ると
ルイス・ジョンソンが「チョッパー大会」してました。
[PR]
by bigmuff38 | 2005-02-18 19:01 | 70年代 | Comments(2)

日本のロック

身近でインパクト強い日本のロック好き少年やったすな。
中三の時、お祭り広場で、内田裕也&クリエイション
ウエスト・ロードのホトケは三文字言葉連発してた。
メンタンピンの生のドライブ感は凄かったな~大騒ぎや
それと一回だけ見たでー往年のバックスバニー(羨ましいでしょー!!)
四人囃子の森園さんはbigmuff踏んでたし、ミカバンドでミカさんノーブラ(>_<)
もちろん関西ブルース&ソウルの人達も大好きで痺れてたなー
そういう人達が愛情を持って話す黒人の音楽ってどんなん?みたいなとこも大きくて
だんだん聞き出したんかなー。気がつけば戻れなくなってしまったけど。
それもこれも自分で趣味嗜好を選択してきたし、これからもそうするでしょう。
出合った人にも凄く影響受けた、もー47歳やけどまだ今からもひとつ真剣に楽しむつもり。
おっさんが本気になったら止まらんでー、覚悟しときやー。

☆最後は意味不明やな・・・・^^;
[PR]
by bigmuff38 | 2005-02-16 21:30 | 70年代 | Comments(0)

若いこだま

NHK(AM)で平日夜10時20分から放送してた。
DJが、サンディ・アイ、吉見祐子、吉川忠英さんとかで
なんと70年代に日本のロックかけてた。
フラワー・トラベリン・バンドも洪さんの乱魔堂もここで初めて聴いて
音の悪いLLカセットに録音してたな。
裸のラリーズの「OZラストデイズ」の音源までかかってたんやで。
高知県のすばらしいバンド「トラベリン・バンド」のギヴ・ミ・サム・ラヴィンもここで聞いたのだ。
今は批判の的NHKですが、「若いこだま」なんていうタイトルでとんでもない選曲してた。
一番羨ましかったんは、リスナーとサンディがデートするという企画!!
う~ん、たまらん!
結局そこか・・・・
c0037571_1131239.jpg
・・・・デビュー当時のサンディ
[PR]
by bigmuff38 | 2005-02-16 04:32 | 70年代 | Comments(4)
70年代から80年中頃まで結構行きました。
当時の桃山大学なかなかフリーキーでやってくれるとこでした。
c0037571_358975.jpg

ブレイク・ダウンの近藤房ノ助さんを見た時はビックリ!!
その時の素直な感想は
日本人もここまで出来るんか!!でした。
後になって服田洋一郎さんの歌も大好きになりましたが
房ノ助さんのナイト・ライフ(BB.KING)にはやられましたな。

あと夕焼け楽団も良かったなー、サンディ・アイさん大好きやったし
サンディが歌うリンダ・ロンシュタットやウエィトには完全にノックダウン、ヘロヘロでした。
一回でいいからおデートして欲しい女性№1ですな・・・・

夕焼け楽団はこのCDの1曲目聴いてみてください。
c0037571_3561578.jpg

さりげなくて、スイングして、小粋なこのインスト、わかるかなーこの魅力。
CDのタイトルは「ハワイ・チャンプルー」です。
[PR]
by bigmuff38 | 2005-02-16 04:04 | 70年代 | Comments(3)

気まぐれ飛行船

高校生の時FMで毎週月曜やったかな深夜1時からやってた番組。
DJは片岡義男さんとジャズ・シンガーの安田南さん。
安田さんは西岡恭蔵さんの名曲「プカプカ」のモデルだとか。

この二人の大人の会話(内容は忘れたけどね)には痺れたな
あと選曲がGoodで、確かクロージング・テーマになってた
ブラインド・ウィリー・マクテルのインストは今でも捜してます。
番組内でもブラック・ミュージックが満載だった気がします。

安田南さんは、中ノ島中央公会堂であったディランⅡのライブやったかな~
石田長生さんや、佐藤博さん、ベースの田中ヒロアキさん、ドラム林トシアキさん達と
やってたの一度だけ見たな~
音源は聞いてませんがこんな感じ、高校生の坊やにはたまりませんな、やはり
c0037571_1537276.jpg
バックは松岡直也、小原礼、村上ポンタ、大村憲司と秋山一将と凄い人達。

番組の最後にいつも南さんが言ってた

「眠れ、わるい子たち」
[PR]
by bigmuff38 | 2005-02-13 15:41 | 70年代 | Comments(2)

月間 宝島

ブログで書くために昔のこと思い出してたら「宝島」という雑誌を何故か思いだした。
70年代前半で私は中学生、まだまだそこかしこに60年代のヒッピームーブメントの残り香があった。
そんなころ創刊された宝島、文庫本くらいのサイズで紙質は悪くぶ厚かった。
最初ころの特集は「マリファナ」、それも「私は体験して目覚めたのだ」とかの体験談満載!!
今から考えるとほんましょーむない特集やけど、その時の私にはインパクト大。
トリップしたくてたまらん、でも手に入る訳もなし・・・・後の経過は直接聞いて。
そんな思春期でしたな~今から考えるとそんな事どーでもいいから女の子のお尻を追いかけまわしたらよかったなぁ。
その宝島で植草甚一(編集長?)さんの文章に触れたのは今でも影響大かな
それと今になって知ったけど、後年好きになった片岡義男さんも編集に参加してたんですね。
そんな私にとって凄い人が集まって特集で「マリファナ」とは、今ではかなり笑えます。

以下に関連記事あり・・・というかかなり詳細の記事ありです
http://tkj.jp/takarajima_x/ichibachi/index.html
[PR]
by bigmuff38 | 2005-02-13 09:50 | 70年代 | Comments(3)

色んな音楽の話題が中心ですが脱線します


by bigmuff38