女王組曲

c0037571_172380.jpg

1958年の10月、エリントンは、イギリスの芸術祭に招かれ、その後、
イギリス女王に招待され、女王と言葉を交わす機会を与えられました。
その時は、さすがのエリントンも緊張して言葉に詰まったそうです。
エリザベス女王に「前にイギリスにいらしたのは、何時ですか?」
と聞かれて、エリントンは、こう答えました。「1933年です。
女王様のお生まれになるずっと前のことですが(笑)。」
アメリカに帰ったエリントンが、その招待に感謝して作曲したのが、
この「女王組曲(The Queen's Suite)」です。エリントンは、
これを自費で録音し、たった一枚だけ、レコードをプレスして、
それをエリザベス女王に贈ったのでした。
優雅なエピソードですが、六曲から成るこの組曲はもっと優雅です。
特に、五曲目の「The Single Petal of a Rose(薔薇の花びら一つ)」は、
途中からバックにベースの和音が重なるものの、ほぼエリントンのソロ・ピアノで、
まるでオーケストラの演奏のように、美しいメロディーが奏せられます。

上記は他ホームページからの転載です、ごめん。
でもそも通り。
[PR]
Commented by bigmuff38 at 2006-09-24 01:16
ほんと美しいです・・・・言葉なし。

by bigmuff38 | 2006-09-24 01:08 | ジャズ | Comments(1)

色んな音楽の話題が中心ですが脱線します


by bigmuff38